お知らせ|福岡市東区下原で歯科をお探しの方はおざさデンタルクリニックまで

ブログページ

顎関節の大切さ

2017年7月15日

こんにちは、院長の小篠です。

今回は、顎関節のお話です。

顎関節とは、上顎と下顎をつなぐ関節の事を言います。顎関節は、人体で唯一、正中をまたいで同時に動かないと稼働しない関節です。例えば、左の肘は曲げて、右の肘は伸ばすことは出来ますが、右側の口を閉じたまま左の口だけ開く事は出来ません。左右が動いて始めて開口(口を開く事)ができます。

顎を大きく開けると『』や『痛み』、最大開口時に顎が『左右にずれる』などの症状はございませんか?

しっかりとした顎位(顎の位置)が保てないと、周囲の筋肉に無理が起こり、慢性的な肩こり、首こり、さらには腰痛、膝の痛みを引き起こしてきます。

本来は、矯正歯科治療等を行う必要があるのですが、対処療法として、スプリント治療というものがあります。

今回、院長、副院長で宗像の先生のもとに勉強してまいりました。

副院長も顎関節に違和感を訴えておりましたが、かなりの症状緩和を実感いたしました。

私は、連日の筋トレ(健康診断でやや太ったとの報告を受けての結果)にて、肩の筋肉痛がひどく、まだ実感できておりません。。。まず痩せます。。。

顎関節に不安のある方は1度ご相談ください!

IMG_5806IMG_5807IMG_5805